逗子市の良いとこご紹介

メインイメージ

逗子市の良いとこご紹介

神奈川県東部、三浦半島の西に位置する逗子市。逗子市のディープな部分を探してみんなに紹介しようというコンセプトのもと作成したWEBサイトです。

逗子市とは

神奈川県東部、三浦半島の西の玄関口にある住宅・観光都市。1954年(昭和29)市制施行。鎌倉、横浜(金沢区)、横須賀(よこすか)、葉山の諸市町と境を接し、北、東、南を馬蹄(ばてい)形に巡らす丘陵は三浦半島の中位丘陵にあたり、第三紀層からなっていて岩質が硬い。逗子から東逗子(沼間(ぬまま))に至る東西方向の谷は三浦半島北部の古い地溝性の谷で、その南の丘陵には地層の不整合がみられる。また、北部丘陵が海に迫る所は海波の侵食を受けて景勝地をなす。JR横須賀線、京浜急行電鉄逗子線、国道134号、有料道路の逗葉新道、横浜横須賀道路が通じる。

市域は古く先史時代から開け、丘陵の脚部をはじめとして、縄文(披露山(ひろうやま)遺跡)、弥生(やよい)(持田遺跡)、古墳(新宿横穴群など)時代などの遺跡が少なくない。1999年(平成11)にも、葉山町との境界の丘陵上で前方後円墳(長柄(ながえ)・桜山古墳、国指定史跡)が発見されている。古代には古東海道が通じ、神武(じんむ)寺、延命(えんめい)寺は奈良時代に行基(ぎょうき)が開いたと伝えられる。鎌倉時代に鎌倉の町が栄えると、逗子はその南郊としての役割を果たすようになった。北西の小坪(こつぼ)は魚貝などの生鮮食料の供給地、海岸一帯は鎌倉の遊覧地とされ、また田越(たごえ)河畔は処刑場で、平維盛(これもり)の遺子六代御前の最後の哀話がいまに語られる。鎌倉に接した丘陵には鎌倉時代の「やぐら」(岩窟(がんくつ)で、武士や僧侶(そうりょ)たちの墳墓)が多く、1000余基に及ぶ五輪塔がみられる。戦国時代、小坪の住吉城は、後北条(ごほうじょう)氏に追われた三浦氏(義国(よしくに))の一時的拠点に使われた。

1889年(明治22)の横須賀線の開通後は、京浜名士の休養地、別荘地となって、文士の訪れが多く、徳冨蘆花(とくとみろか)の『自然と人生』『不如帰(ほととぎす)』などの名作の執筆地としても知られ、逗子湾岸に不如帰の碑があり、町の南端に蘆花記念公園がつくられている。第二次世界大戦後は京浜向け住宅地の開発が著しい。

海岸は湘南海水浴場群の一つで、鷹取(たかとり)山のハイキングコースは早くから開け、稜線(りょうせん)からの展望と、湘南妙義(みょうぎ)といわれる奇岩と奇勝で知られる。披露山公園は眺めが大きく、小坪海岸の埋立地はホテル、ヨットハーバーなどが整い、新しいレクリエーションの場となっている。1982年(昭和57)、池子(いけご)の米軍弾薬庫跡地へ米軍用住宅を建設する計画が発表され、自然保護の立場などから反対運動が起こった。対立が続くなか、米軍用住宅建設容認派の市長を破って反対派の富野市長、続いて沢市長が誕生。沢市長は93年(平成5)に住宅建設中止を直訴するため渡米するなどしたが、結局は「白紙撤回は困難」として、受け入れを決定するに至った。94年に国と市、県が和解合意で調印、96年から入居が開始され、98年8月に837戸、3184人の入居が完了した。面積17.34平方キロメートル、人口5万8033(2005)。

隣接している自治体・行政区

横浜市(金沢区)

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市の一つであり、18の行政区を持つ。日本の市町村で人口が最も多い。また、神奈川県内の市町村で面積が最も広い。旧武蔵国と旧相模国の一部。

鎌倉市 鎌倉市(かまくらし)は、神奈川県、三浦半島西側の付け根に位置する市。

横須賀市

横須賀市(よこすかし)は、神奈川県南東部の三浦半島に位置する都市である。東京湾と相模湾に面する国際港湾都市。中核市に指定されている。

三浦郡葉山町

三浦郡(みうらぐん)は、神奈川県の郡。 人口32,804人、面積17.06km²、人口密度1,920人/km²。(2012年12月1日、推計人口)
現在、1町のみであり、高座郡の寒川町同様、将来、市制が施行された場合、当郡は消滅する。

逗子市まちづくり基本計画

逗子市まちづくり基本計画とは

逗子市まちづくり基本計画は、逗子市まちづくり条例に基づいて策定されたもので、計画的なまちづくりの推進を目的とするまちづくり条例の基本原則に基づいた計画です。
この計画は市長が定めるものですが、まちづくり基本計画の案の作成に当たっては、多くの市民の参加を得て素案を作成していただき、それを逗子市まちづくり審議会などの意見をきいた上で、逗子市議会の議決を経て策定されたものです。また、この計画は、都市計画法に基づく、新しい「市町村の都市計画に関する基本的方針」(都市計画マスタープラン)を包含するものとして位置付けられています。

逗子市まちづくり基本計画の内容

まちづくり基本計画では逗子の「30年後のまちの姿」に焦点を当て、逗子の目指すべきまちづくりの方向性を明確に提示し、これを踏まえたテーマごとの目標と方針を提示しています。 この計画の全体の構成としては、第1章の「逗子のビジョン・まちづくりの理念」で、目指すべきまちづくりのビジョン・理念を示し、第2章の「私たちはこんなまちにしていく」では、、ビジョン・理念を踏まえたテーマごとの目標、方針などを提示し、第3章の「まちづくり基本計画の実効性をあげるための仕組み」では、推進体制について述べられています。

第1章「逗子のビジョン・まちづくりの理念」

逗子のビジョン

自然の恵みと享受
<いにしえ>への郷愁と血の通ったふれあい社会の創造
自然の摂理をなくしつつある地球への自戒
逗子市民が発するメッセージ

まちづくりの理念

自然に生かされ、自然を生かす
コミュニティに支えられ、コミュニティを支える
自然を大切にするまちでありたい
人間を大切にするまちでありたい

第2章「私たちはこんなまちにしていく」

I.自然を大切にするまち
II.風致・景観の向上により、にぎわいとくつろぎが生まれるまち
III.歩行者と自転車を優先するまち
IV.安全・安心・ふれあいのまち
IV-1.「その人らしく生きること」をお互いに支え合う福祉のまち
IV-2.共育のまち
IV-3.災害に強いまち
IV-4.犯罪のないまち
V.文化を新たに創造するまち
VI.新しい地域の姿

第3章「まちづくり基本計画の実効性をあげるための仕組み」

市民は、「まちづくり基本計画見守り隊(通称:ほととぎす隊)」を組織する。
市民と市の協働をすすめるべく、「まちづくり基本計画推進会議」を組織する。

逗子市の噂

芸能人が多く住んでいるとの噂がある。

みのもんた(引越ししたらしい)、反町・松嶋夫妻。石原ファミリー。
KAT-TUNの田口は久木中だったらしい。
正力松太郎の自宅が東郷橋の近くにあった。
正力家はまだ逗子市内に健在である。ちなみに「東郷橋」の名の由来となった東郷平八郎元帥の子孫の家もまだある。
戦前までは華族、軍人、文学者の邸宅がたくさんあった。
他に鈴木英人、R&Bシンガーサクラ、プロレスラー田中稔、キマグレン、逗子三兄弟、岡田武史監督、故新藤兼人監督&乙羽信子夫妻、野際陽子、小田和正(実家)、甘糟りり子(仕事場のみ)
場所柄小泉家ともゆかりが深い。小泉元首相の姉は逗子在住。小泉家の分家(元首相の大叔父の家系)は逗子で鉄工業を営んでいる。また10年ほど前は小泉進次郎現衆議院議員が海岸前のロイヤルホストで勉強している姿も見受けられた。
葉山に御用邸があることが知られているが、美智子皇后陛下の実家正田家の墓は市内の霊園にある。また紀子妃殿下のお祖母様は逗子ハイランド在住であった。

米軍の高級士官用住宅地がある

旧日本軍の弾薬庫跡に作られている
70年代には「柵を越えるとドーベルマンがやってきて噛みつかれる」といわれた。
市長が一時期全国最年少だった

国内でのウィンドサーフィンの聖地だが、市民には知られていない。ショップ密度が日本一。

市内のどこでも近くにハイキングコースがある。

前方後円墳(1999年発見)の真上を通るコースもあるが、長年市民は気づかなかった。
三浦アルプスという山岳縦走コースがあるらしい。葉山の山岳部もそうだが逗子の山岳部もすごいらしい。
逗子市と葉山市(本当は町)が合併して「逗葉市」になればいい?
メリケン軍住宅敷地横の休日医療センターは「逗葉地域医療センター」という名称ですが。
桜山の逗葉高等学校敷地内には、逗子市と葉山町の境界がある。校舎は逗子市だが、テニスコートは葉山町となる。

良く葉山の事を「葉山村」と呼ぶ。

小坪方面←→横須賀・葉山方面の通行が必ず駅前を通過するため、朝夕は(特に雨が降ると)駅周辺が大渋滞。下手すると歩いた方が早い。

雨の時、葉山方面からのバスの運転手が駅ひとつ手前の「逗子郵便局」の前で、「はい、今日は混んでるからねー、ここで降りた方がいいデスよー。」と案内してくれる。そして、ここでがらがらになる。

2010.11.14オバマ、池子ヒルズへ降り立つ。

逗子(逗子駅周辺)の噂

横須賀線も京急も始発で座れてお得。

新逗子駅の葉山側改札の駅舎は,京急では珍しいデザイン重視の建築物。

駅から乗り換えなしで千葉県や埼玉県などに行けるなにかと便利な場所。

時間を気にしなければ、成田空港まで直通。荷物が重い漏れにとっては、有り難い。
京急で羽田空港にも直通できる。